タイ料理食材販売のメコンフーズ

王様のレシピ

今回は「王様のメニュー」というコンセプトでのお料理を紹介したいと思います。いずれも、タイ
近代化の父・チュラロンコーン大王(古くは「王様と私」最近では「アンナと王様」のイギリス人女
性教師に教えられた王子です。)ゆかりの料理ばかりです。どれも王様ならではの100年前の
タイでは飛び切り贅沢なもので、意外な組み合わせながらその絶妙なハーモニーに料理の世
界の無限の可能性を感じさせてくれます。いまなお絶大な人気を誇り、尊敬され続けている偉
大な王様に思いをはせて楽しんで下さい。

ヤム・アップルン(りんごとスモークサーモンのサラダ)

この料理は1897年にチュラロンコーン大王が自家用のヨットでヨーロッパを旅行した際、つけ
ていた日記に記された、お気に入り料理のアレンジされたレシピによるものです。オリジナルで
は新鮮なりんごと干し海老でしたが、ここではスモークサーモンで一層味わいを深めています。

材料

4人分タイライムジュース 適当、りんご 大1個、スモークサーモン 80g、ネギ白い部分 1本、プ
リッキーヌー 2個、水 カップ3(ドレッシング)塩 小匙半分、ナムプラー 1/4カップ、パームシュ
ガーもしくは三温糖 小匙2、グラニュー糖1/4カップ、レモンジュース 1/2カップ 

作り方

タイライムジュース以外のドレッシングの材料を鍋に入れて砂糖と塩が溶けるまで弱火で煮
る。
完全に溶けたら火からおろし、粗熱が取れるまで冷ます。
タイライムジュースを加えて冷蔵庫で冷やし ておく。

水にタイライムジュースを入れ(サラダ用)、カップ3杯の水に混ぜる。
りんごは皮をつけたまま薄く、 くし切りにしてレモンを入れた水につけておく。
水から上げて、水気を切り、皿にならべる。
りんごの上に薄切りのスモークサーモンを載せ、刻んだ白ネギを飾る。プリッキーヌーを刻んで
ドレッシングに入れて混ぜ合わせてサラダの上からかける。 
 

ミー・ナム・バーン・ラッ・チャ・トゥ(ラッ・チャッ・トゥ家の麺)

タン・プー・イン・プランが初めてのタイのクック・ブックを書いたのは1800年代の終わりでし
た。彼女の夫はチュラロンコーン大王の近衛士官として仕えており、彼女の娘の1人がチュラ
ロンコーン大王のお后となったのです。彼女の本は王族に配られました。この料理は彼女によ
って考案され、夫によって彼の領地であるラッ・チャ・トゥと名づけられました。きっと、偉大な大
王の宮廷でもこの料理が作られ、大王のお気に入りだったことでしょう。

材料 4人分

(スープ)
チキンブロス1個、セロリの葉の部分 1本分、パクチーの根 適量。あらかじめ1gの水を沸騰
させ、セロリの葉、パクチーの根を入れて煮立たせておく。 

(麺及び具)

(ソース)

タオチオ 大さじ2/3、サイユー 大さじ4杯、黒砂糖 大さじ1、ナムプラー 大さじ2/3、塩 小匙2/
3、砂糖 大匙2/3、酢 大さじ2、サラダオイル 大さじ1.5、

(具)

白ネギ 1本(刻んでおく)、豚肩ロース150g(一口大に切っておく)、
鶏ささみ 300g(細切れにしておく)、エビ中150g(二つにしておく)、センレック 300g(やわらかく
なるまでで冷水に浸けて、水を切っておく)、
大豆もやし150g(あらかじめ湯通ししておく)、
ほぐしたかに肉150g、ニンニクの酢漬け 4片、
みかん1個(ミキサーで軽く潰しておく)、
ナムプラー 大さじ2杯、プリッキーヌー 4個(種を抜いて刻んでおく)、セロリ1本(刻んでおく)、
パクチー 適量

作り方
フライパンを良く熱しておいて、刻みネギを入れて炒める。やわらかくなったら豚肉を入れてさ
ら炒める。色が変ったら、鶏肉を加えて炒める。火が通ったら、エビを加えて炒める。エビの色
が変ったら、ソースを入れて沸騰するまで加熱する。火からおろして器に入れて蓋をして保温し
ておく。鍋にたっぷりの水を沸かしてやわらかくしておいたセンレックを入れ再び沸騰するまで
約20秒ほど茹でる。すぐにざるにあけ、冷水にさらし、よく水を切って器に分けておく。湯通しし
ておいたもやしを 麺の上に載せる。大さじ3杯分の肉をその上に乗せる。大さじ1杯のかに
肉、小匙1杯のニンニクの酢漬け、みかんの果肉2つまみと小匙2杯のジュースを加え、ナム
プラー小匙1.5杯、レモンジュース小匙2杯、セロリ1つまみを加え、熱々のスープをかける。
好みに応じてパクチーを乗せる。


サッパロ・ゲェゥ(クリスタル・パイナップル)

この名前の由来は、ここでは手軽に作る為に缶詰を使用しますが、本来生のパイナップルを
使いこってりとしたシロップで煮る際に、砂糖が水晶のように見えることからクリスタルパイナッ
プルと呼ばれています。アイスクリームが初めてタイにもたらされたのは、西洋に向けて開国し
てタイの近代化を推し進めた開明的なチュラロンコーン大王の時代、1903年のことでした。
やがて王室においてアイスクリームは大変に人気のあるデザートとなったのです。

材料
4人分パイナップルの缶詰8枚入り 1缶、ココナッツクリーム 1カップ、アイスクリーム 300cc
 

作り方
パイナップルとシロップ3/4カップを鍋に入れ、煮立たせる。ココナッツクリームを加えて木杓
子でパイナップルを壊さないよう静かにかき混ぜる。煮立ったら(沸騰させない)火からおろし、
器に移して充分に冷ましておく。よく冷えたら、パイナップルを2枚づつ皿に分けて、真ん中にア
イスクリームをのせて上からココナッツクリームをかける。




トップへ
トップへ
戻る
戻る